« 別府へ | トップページ | 一月六日 入院です »

2015年10月 7日 (水)

十月五日

「少年の胸に鍵あり秋北斗」

息子をしのんで書いた句です。

十月十日は息子のの祥月命日

今日彩子が戻ってくる、

携帯から確認の電話を入れたら大村空港に到着といった、もしかしたらこの停留所にと期待半分で

バスを待っていたら、細い体の女の子が重い荷物を持って降りてきた。

声緒をかけると驚いた表情が可愛い・・・幾つになっても親も子も・・・(^^♪

夜には何時もの「たなか」へ

Img_2831

お土産に貰った佃煮が美味しい・・


Img_2830

翌日は、世界遺産の軍艦島に行く予定が取れず急遽雲仙へ行った。
途中で小浜ちゃんぽんが美味しいと言う事で休憩

お山に登ると気温が下がる
硫黄のにおいにむせながら
地獄を見た。


Img_2840

Img_2854


Img_2858

仁多峠へ


Img_2869


Img_2866


Img_2876


Img_2882


Img_2913


« 別府へ | トップページ | 一月六日 入院です »

コメント

娘さんが帰省して楽しい日々を過ごされたのですね。
息子さんが健在だっらまた違った楽しみもあったことでしょう。・
確か交通事故だったと記憶してますが、その当時は慟哭なさったことでしょう。
今は優しい娘さんがいらっしゃるから幸せです。
佃煮のお土産、私もホタテは好きですよ
素晴らしい目利きの娘さんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513558/62428033

この記事へのトラックバック一覧です: 十月五日:

« 別府へ | トップページ | 一月六日 入院です »

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30